Free Style : Dream Time


「時は今 雨が下しる 五月哉…」
by rx-77-2cannon
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
検索
以前の記事
playinGames profile
Free Style
(フリースタイル)

クールにバスケ FREESTYLE

-Chara: PointGuard 26

- whats DT?
www.itplanning.co.jp




Master of Epic
(マスターオブエピック)

Master of Epic:The ResonanceAge Universe

PEARL Server
-1st: Drunken Master
-2nd: High Priest
-3rd: Dark Priest




eXtreme Soccer
(エクストリームサッカー)

eXtreme Soccer -エクストリームサッカー-

Coming Soon...




Dungeon & Fighter
(アラド戦記)

アラド戦記

Cain Server
-1st: Asura 38
-2nd: NenMaster 40
-3rd: Summoner 35
-others: SoulBringer, Mechanic...




Fantasy Earth Zero
(ファンタジーアースゼロ)

ファンタジーアースゼロ

Chokmah Server
-1st: Scout 36
-2nd: Warrior 35
-3rd: Sorcerer 29




WarRock
(ウォーロック)

WarRock(ウォーロック)

いつまで経ってもNoob



son de mar

更新しようにもFSにもMoEにもネタがない。
ネタがないときゃ、自分で作るしかないな…



マルティナは海(gyao.jp)
http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0008054/

公式
http://www.gaga.ne.jp/martina/


【以下ネタバレも含まれているので注意】

先日、Gyaoで『マルティナは海』というスペイン映画を観た。
なかなか良かった。
初めはいわゆる気だるさバリバリの欧州映画(俺は好きだが)かと思っていたら、展開は結構スピーディー。
無知な俺はウリセスの話すAeneis?の物語を知らなかった為か、あまり詩的な作品には感じなかった。
本当は神話と海がテーマなんだろうけど、言葉の問題もあってか芸術性が弱い気がして残念。
スペインらしい情熱的、官能的な部分は全体的に漂っていたね。

監督のBigas LUNAは「ハモンハモン」「おっぱいとお月さま」なんかが有名だけど、正直ほとんど知らない。

マルティナ役のLeonor WATLINGは見た目は非常に少女っぽい(撮影当時は23、4歳?)。
思っていたよりも濡場や挑発的なポーズも板についていて良かった。
けど、やっぱりワンピースを着た姿がかわいいね。
日本人ウケする「顔」だし、若くてスター性もありそうな女優。

ひとつだけ許せなかったのは子供を置いていくシーン。
実の父親の元に置いていくならまだしも、父親と駆け落ち?するのに息子を置いていってどうするんだと。
あの場面は非常に憤った!
まあ現実的に云えばbetterな選択だったとは思うが、子供と犬が出てくると俺はダメね…

ウリセスは一言で云っちゃうと典型的ダメ男。
Jordi MOLLAはダメ男特有のフェロモンがかなり出ていて、スペイン版"Brad" PITTやGary OLDMANという感じかな。
個人的には非常に好きなタイプの俳優ではあるが、ウリセスはかなりイライラさせてくれる。
「世界の海」、と云うのが本当の海のことなのか、女性を表してるのがもうひとつわからない。
彼が行方不明(死亡)していた期間の事をもう少し語る場面などがあっても良かったと思う。
非常に受動的に見えたが、変わらずに最後まで弱々しかった為にかける言葉もない。

この作品で一番演技的に素晴らしかったのは、シエラ役のEduard Fernandez。
所謂お邪魔虫、ヒール的なポジションを見事にこなしてるだけでなく彼のマルティナへの愛(言い換えれば独占欲)の強さがクライマックスへと繋がる。
非常に安心して観られる俳優だと思った。
まさに名脇役。

R-15なので一応お子様は見ちゃダメ。
エッチシーンはそこそこ魅せる部分があるけど、それほどエロさは感じなかった。
これはもう個人な嗜好の問題だけどね…
日本人との違い(特に女性の感じ方の部分)に違和感を覚えるからかも知れない。
そうは云っても所謂「洋モノ」は嫌いなわけじゃなく、むしろ好き。

蛇足だけど騎乗位を好む男はダメ男というのが自説。
また胸に執着する男(おっぱい成人)は大抵がマザコンの可能性あり。
超主観的だけどよろしければ参考にしてください。
きっとこの監督は騎乗位が好きなんだろうけど、俺はそんなには…

ストーリー的な話はすれば超古典的。
正直、誉められたモノではないね(神話をモチーフにしていると思われるので当然だが)。
情事を重ねた男女がやがて破滅へと進んでいく、「映画」に大変ありがちなストーリー。
タイトルを額面通りに受け取れば、マルティナが海であるというのは、つまり女性であり母親的だという事なんだろうけど
彼女の情熱、浅く云ってしまえば性欲でウリセスとの関係を続ける部分、情に流されてしまう部分はむしろ雌でしかないと思った。
これは俺が若いせいなのかも知れないけど…

クライマックスで「シエラのワニ」でさすがに二人殺すのが無理があるだろうと思ったけど、まったく関係しなかったのも意外というかハリウッド映画ならありえない展開。
あれは二匹の蛇にかけているだけだったんだね。
ただその方がリアリティを感じられた良かったけど。

最後、マルティナがウリセスを簡単に見捨てる(船へ戻る)シーンを観てこれはラブストーリーよりホラー的な死に方だと思った。
ウリセスがマルティナにとって初めての男だっただけでズルズルいってしまったと、個人的には観終わってから解釈したがどうなんだろうね。
ただWATLINGの死に際の演技は素晴らしかった。
そもそも死んだかどうかもわからないけどね!

おこがましいけれど、俺が点をつけるとすれば10点中6点ぐらい。
もう少し人物それぞれのキャラクターを強く描いて欲しかった(そういう作品が好き)。
特に役者たちはそれぞれ素晴らしいだけに勿体無いと思う。
これは監督の力量不足だと思うし、Penelopeの人気で過大評価されているんじゃないだろうかしらと勘繰る。
まあ逆に云えばいい俳優を発掘、育成できる優れた監督と云えるのかもね…

ストーリーを前面に押し出すにしては弱いし、映像の美しさという意味でもそれほど特出してるわけでもない。
ただ作品全体に流れるこの緩い感じは、まさに「海」に浮かんでいる水母のような気分。


以上。
こんな長いヘボレビューを最後まで読んでる暇があったら、とっとと映画を観てください。
(眠たい時に書いたものなのでびもう…)
[PR]
by rx-77-2cannon | 2006-04-18 00:00 | OTHERS
<< masterkey sprin' fever >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧