Free Style : Dream Time


「時は今 雨が下しる 五月哉…」
by rx-77-2cannon
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
検索
以前の記事
playinGames profile
Free Style
(フリースタイル)

クールにバスケ FREESTYLE

-Chara: PointGuard 26

- whats DT?
www.itplanning.co.jp




Master of Epic
(マスターオブエピック)

Master of Epic:The ResonanceAge Universe

PEARL Server
-1st: Drunken Master
-2nd: High Priest
-3rd: Dark Priest




eXtreme Soccer
(エクストリームサッカー)

eXtreme Soccer -エクストリームサッカー-

Coming Soon...




Dungeon & Fighter
(アラド戦記)

アラド戦記

Cain Server
-1st: Asura 38
-2nd: NenMaster 40
-3rd: Summoner 35
-others: SoulBringer, Mechanic...




Fantasy Earth Zero
(ファンタジーアースゼロ)

ファンタジーアースゼロ

Chokmah Server
-1st: Scout 36
-2nd: Warrior 35
-3rd: Sorcerer 29




WarRock
(ウォーロック)

WarRock(ウォーロック)

いつまで経ってもNoob



4rDDay

Dungeons & Dragons Online: Stormreach(以下、DDO)
7DAY FREE TRIAL のおそらく4日目。



4rd って何だよ!4th の間違いだろ、この低脳がッ!

と、ツッコミたい所だろうけど、そこは我慢してください。
D&Dですから、DとDを繋げたいのです。
Chainです、アンドロメダ瞬です。

読み方はどう読むんだって?
決まってるでしょ…
4rd day = Four-rd-day

「君が言ったから六月八日はフォード記念日。」







↓ (クリックで拡大)

e0081790_12344656.jpg

あの遠くに見える門を抜けると、次のエリア(Marketplace)へ行けるらしいという噂を風の便りで聞いた。
だが、Guardがガードしてるから現時点では進めない。
いや別に駄洒落じゃないっすよ!
門を通る許可を得るには、Waterworks(通称WW)でのクエストをクリアーしないとダメなのだけど、これがParty必須かつそこそこ高難度のクエストらしい。
ただ港エリア(Harbor)一の人気クエストとの事なので、常時PT募集してるぐらい盛んな様子。
7dayの間にココを突破する事を目標のひとつに設定。



さて、ここまで完全 solo play してきたシャイなあんちくしょうの俺だが、ゲーム内で亜米利加人及び外国人たちとまったくコミュニケートしていないわけではない。
得意の語学センスを生かして、色々と世情を語り合ったり、政治や経済について盛んに意見交換したりするのである。


某日、Tavern(酒場)にて


e0081790_12395164.jpg

e0081790_1240310.jpg


ほうほう、なるほど…




またある日、別の酒場にて


e0081790_12461585.jpg

e0081790_12465824.jpg

e0081790_12463925.jpg


ふむふむ。
それは大変ですねー。



と、このようにソリストとは云え酒場へ帰れば冒険者たちと共に語らい(辻ヒール)、酒を酌み交わし(SP回復速度アップ)、肉を喰らう(HP回復速度アップ)日々である。
まさに異文化交流、肌の肌とのぶつかりあい!



さて…肝心のQuestの方はLv1見習いRogがソロで行ける範囲はほぼ全てクリアーしたと思う。(勿論すべてNormal)
だいたい10~15個のクエストはこなしたかな。

例えば The Harbor へまず来て最初の酒場周辺のクエストをすべてこなしていくと、一つ目の(Guard Heorogarが守ってる)門が通れるようになる。
次の地区が"Aspirant's Corner"(志望者たちの曲がり角)という場所で、ここにはクエストNPCの他に武器・防具店や各ClassのTrainerたちがいる。
rank up や level up の際にはここへ訪れることになるが、残念ながら酒場はない。

ここではクエストが5、6個ほどあるがコボルト君だけは現時点ではクエストをくれない(話しかけられない)。
これは関連クエストをクリアーしてからじゃないとダメなようだ。


クリアーしたクエストのひとつ"Warder Defense"はその名のとおり、Warderさんを守るのが任務だ。


↓ (クリックで拡大)

e0081790_12473270.jpg

Warderさんはほっとくと勝手に進んでいくので、ついていくか先に扉を開けてエスコートしてあげる。
そうすると最後の部屋で蠍(だったと思う)が襲ってくるので彼を守りつつ撃退しよう。
彼はそこそこ耐久力あるが毒を喰らうとスグに逝ってしまう。
ちなみに自分が死ぬのは勿論、彼が死んでしまってもクエスト失敗になるのでそこは注意。



次は図書館で無くなったTome(古文書)を探すという"Recovering the lost Tome"というもの。
このクエストは"Aspirant's Corner"での依頼ではなかったかも知れない。
"Philosopher's Row"(哲学者通り)か、もしくはどこかの酒場でのクエストだったかな。

↓ (クリックで拡大)

e0081790_131311.jpg

何だか Loading 画面からしてオドロオドロシイ。



↓ (クリックで拡大)

e0081790_1305046.jpg

図書館職員?のEldamirについていって、大きな本棚たちを眺めていたら…



↓ (クリックで拡大)

e0081790_1303517.jpg

突然職員が消え、本が盗まれたらしい。
これは隠し扉を探しているところ。
案の定、本棚に仕掛けが。




↓ (クリックで拡大)

e0081790_1255429.jpg

途中スケルトンなどを倒して進むと、最後には結界とそれを解くレバーがある。
この周りの水に浮かんでいたドザエモンたちがゾンビになって蘇ったのには、ビックリした。
結局、あの魔術師っぽい職員が持ち逃げしたみたいです(頑張って英語読め、俺!)

※このQuestはまだ続きがありました…。





他にも以前Failedった"Arachnophobia"などもクリアーする事が出来た。


↓ (クリックで拡大)

e0081790_1313441.jpg

よく見ると右上のクエスト詳細の一番下に"Break fewer than 10 sarcophagi"って書いてあった。
これを「sarcophagi(石像みたいなやつ)を10個壊せ!」だと思い込んでいたけど、fewe than 10だから10未満ね…
要はクモをすべて倒すまでに石像を10個壊すとダメって事。
このクモたちが何故か石像を壊しながら攻撃してくるので、なるべく暴れさせないよう素早く殲滅せねば。





e0081790_13564176.jpg

そういえばポーションを売ってる店をやっと見つけたので、これでソロでもバリバリいけるぜ!と思ったけど値段見てガッカリ。
真ん中の赤十字マークのついた Potion of Cure Light Wounds ってのが回復ポーション。
このSSでの俺の所持金を見てくれればわかると思うけど…


※その前に通貨の説明
DDOの通貨は4種類の金属片。

PP → Platinum Piece (白銀の欠片)
GP → Gold Piece (金の欠片)
SP → Silver Piece (銀の欠片)
CP → Copper Piece (銅の欠片)

で、それぞれ10毎が上位金属1に相当するらしく

10CP = 1SP
100CP = 10SP = 1GP
1000CP = 100SP = 10GP = 1PP

となっている。


で、この時俺はPOTを3個しか買えなかった。
しかもMaxHPが26の俺の回復量は1桁…
とてもじゃないが、現状の懐具合では常飲できるシロモノではなかったのでした。
回復については非常にシビアなゲームです(そこが好感触だけどね)。






そしてなんと4日目(ぐらい)にして、初めてDDOにおけるParty Playを体験する事ができたのです、初体験。

大げさに思えるかも知れないが、なるべくソロでいけるところまでイクという目標を持っていた俺からするとこれは挫折に近い感情の入り混じった複雑な…

そう云うなればある種、屈辱的な思いを抱えながら……

つまり何が書きたいか云うと………





 や っ ぱ P P 最 高 ! 





ちなみに日本人PT。
現状ソロでやれるクエストをほとんどをクリアーした為にそろそろソロに限界を感じてた。
そこで思い切ってSocialウィンドウのGrouping(PT募集)にあるJPNの文字に飛びついた。


↓ (クリックで拡大)

e0081790_1426622.jpg

※ココ重要。DDOはPT推奨というか必須なゲーム。
簡単に説明しておくと、これはPT募集画面でLFGとはLooking For Groupの略でグループ(PT)探し中。
LFMはLook For MemberでPTメンバー募集中って事。
US版をやる人はこのLFGの下のコメント欄にJPNやJP、NIHONなどと書いておくと吉。
また日本語版からやろうと思って人も、このシステムそのままで来るだろうから憶えておくと便利。
ここにコメントを書くと右のタブの「Player Search」にコメントが出るので連絡も取りやすい。
キャラクターウィンドウにもbioといって(おそらくBiography=自己紹介)コメントを書けるが、こちらはキャラをタゲった時に見れるだけなのでその違いに注意。
またPTを作る場合はLFMのコメントに詳細を書けばいい。

これはMoEでの募集chに近いけど独立したチャットチャンネルがあるわけではなく、リーダにTELLするか、INVITEを選ぶ。
INVITEを選べば即PT入り。
そしてPTチャットが出来るので実質チャットチャンネルと同じ事で、なおかつ効率的。
まさに合理主義の塊のようなアメリカンなPT参加システムだね。

項目は左からMatchはチェックが入っていれば自分が参加できる条件(レベル制限とクラス制限をリーダが設定できる)クリアーしてるって事。
次のClassesは募集してるクラスの種類。
そのPTに参加してるクラスが表示されているわけではないので注意。
そういう意味でも俺が参加したこのPTのリーダさんの書き方(pal clr wiz ran)は非常に日本人的「細やかさ」を感じられて良かったし、それが参加した決め手でした。
Min LevelはそのPTに参加できる最低レベル。
Nameはリーダのキャラ名。
Noteが先程話した"My LFG Comment"で書いた内容。

JPN @2 と書いてあるが、PTに何人参加してるかが外からは見えないっぽい?
これは不便だね。
PTが埋まれば(フルになれば)自動的に募集が閉じられるはずなので「満員ですごめんなさい><」という状況にならないとは思うが、できれば人数と職業は表示して欲しかったのが「空気を読みたがる」我々日本人の率直な感想じゃないかな。
(もしかして俺が知らないだけで、実装済みならSorry)

蛇足だけどPTに入ってるかどうかは、そのキャラをタゲッて詳細を見ると(デフォルトZキー)PTリーダ、PTメンバー、フルPTのリーダ、フルPTのメンバーの4種類は表示されるみたい。
なのでその「PT(余ってたら)入れてよ」とか「コイツはソロだからPT誘おう」とかは一目でわかるシステムなのも好感触。
勿論Guild名も表示される(ギルドは今のところ簡単に作れるらしい。7day中にまた実験してみます)

あと気になったのは所謂「無言PT要請」が多い点。
これは外国人と日本人の感覚の違いなんだけど、酒場や町でぼーっと突っ立てたり、裏でweb見てる時とかに結構誘われたりしてる。
俺はtellが一言でも来たら、それで判断して入ってもいいと思ってるけど、まったく無言だし、すぐにどっかへ走り去るので今までそういうPTに入った事がない。
合理的にもほどがあると思うが、別にそれ自体は悪いとか嫌な印象はないよ。
ただDDOでのPTが他のゲームよりも遥かに多くの役割(RP)をこなさなきゃいけない部分がある(と俺は思ってる)ので、気を遣ってるというか、ビビってるだけです。



↓ (クリックで拡大)

e0081790_1549646.jpg

さて、前置きが長くなったけどPTプレイしての感想。
まずは楽しかった。
上記4人+俺で5人PTだったんだけど、今までソロで苦戦してたクエストもあっさりクリアーできて何だか拍子抜けしたのと同時に、やっぱこのゲームはPTで戦う事前提で作られてるんだなーと。
まあRPGだから当たり前なんだけどね。

チャットは不便だけど、「kouyatte ganbatteta!」
あとでVCの設定見たらOFFになってた俺。
自分がマイクやヘッドセットなくてもONにしとこうね!
基本的にみんな丁寧な感じで誰一人としてお子様っぽい人がいなかったのも助かった。
まあ海外へ来てまでゲームやろうって思う人は基本的にそこらへんしっかりしてるというか、ましてやこの硬派なタイトルだから余計ね…

そう意味では、この中では間違いなく俺が一番厨でした。
初PT、そしてDDO4日目、D&D知識ほぼ皆無、の割にRogだから「先行して仕切らなきゃ」の精神で特攻してました。
まあ罠解除できずにメンバー死なせた時は、マジ凹んだけどね。
あとで調べてみると罠解除スキルはINTの影響受けるんだ…
DEXだけあげればいいと思っていた俺ガイル。



↓ (クリックで拡大)

e0081790_1552076.jpg

PT構成はリーダさんがCleric、Wizさん、pally様(ずっと戦士だと思ってた)、レンジャイさん、そしてRogの俺の5人。

途中でもう一人来たんだけど、どうやらアメリカ人だったようで「野郎ども、どこのクエ行くんだ?」みたいに英語で聞いてきたから、
リーダが「ごめん、日本人だけのPTなんだ」みたいに云ったら「ok」といってあっさり去っていった。
合理的思考のアメリカ人はそこで「なんで?」とかは云わない、SPWはクールに去るぜッ。
そこらへんの対応もリーダとして良かったと関心してた俺ナッシュ。

このPT(俺参加後)でクエストは結局3つ挑戦して、すべてクリアーできた。
途中で何度か倒れたがHealで起こしてもらった。
そして戦闘不能と死について、ヒールについてを学べた。

クレリックというかヒーラーはマジ最重要人物。
いるだけで全てが違う。
PTリーダとしても文句なしだったし、少し気を遣いすぎなぐらい。

ウィザードさんはMobを眠らせるようなパラかメスメみたいな魔法をよく使ってた。
これで敵を動きを止めてくれてかなり助かった。

そしてパラディンはタンク。
ババもファイターもいなかったけど、何とかなったのは献身的な働きのおかげかな。
俺はひたすらMobをなすりつけて逃げ惑う。

そしてアメリカであまり人気がないらしいレンジャーだけど、弓と剣でかなり活躍。
タンクが一人だけだったから、近接でタンク役もやりつつ、弓でMobを引っ張りつつ、ステルス移動して敵や罠なんかを発見してた。
レンジャーはPTに不要みたいな意見あるけど、何でもこなせて火力があるので十分5、6人目の選択肢になると思った。
魔法も使えるようになるし、マルチもしやすいクラスだろうから日本ではローグと並んで人気クラスになりそうね。

で、ローグの俺が一番役に立たなかった。
自虐ではなくて真実。
なるべく先行する事と、戦闘ではMobの後方からスニークアタック狙ってたんだけど果たして今後立派なローグになれるだろうか……
(初PTプレイに熱中しててSSをほとんど撮れず)


まあ色々とゲームについてわかってきたので、反省点も今後に活かせればいいね。
特に日本語版やる上でのアドバンテージじゃないけど、やる人がいれば色々教えてやりたいし。
日々是勉強アルよ。
残りの期間でも積極的に日本人PT、そして一度ぐらいは外国人ともやってみようと思います。
PTで遊んでこそのDDOだし、ソロ大好きの俺も頑張ってみるかな。


e0081790_1681063.jpg








最後にDDO日本語版を運営する「さくらインターネット」の社長氏のblogを紹介。
この会社にとってオンラインゲーム運営はまったくの初めての事らしいが、4亀での話やここを読んでる感じは少し期待してもいいかも知れない。

Sasalog
http://blog.ryo.gr.jp/


だが彼らもまた近い将来に、多くの企業が通り過ぎてきたオンラインゲーム運営の難しさという名の壁もしくは大河に直面する事になるだろうね…


e0081790_13163110.jpg

「覆水盆に返らず」

[PR]
by rx-77-2cannon | 2006-06-08 00:00 | OTHERS
<< HaGa 3rDDay >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧