Free Style : Dream Time


「時は今 雨が下しる 五月哉…」
by rx-77-2cannon
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
検索
以前の記事
playinGames profile
Free Style
(フリースタイル)

クールにバスケ FREESTYLE

-Chara: PointGuard 26

- whats DT?
www.itplanning.co.jp




Master of Epic
(マスターオブエピック)

Master of Epic:The ResonanceAge Universe

PEARL Server
-1st: Drunken Master
-2nd: High Priest
-3rd: Dark Priest




eXtreme Soccer
(エクストリームサッカー)

eXtreme Soccer -エクストリームサッカー-

Coming Soon...




Dungeon & Fighter
(アラド戦記)

アラド戦記

Cain Server
-1st: Asura 38
-2nd: NenMaster 40
-3rd: Summoner 35
-others: SoulBringer, Mechanic...




Fantasy Earth Zero
(ファンタジーアースゼロ)

ファンタジーアースゼロ

Chokmah Server
-1st: Scout 36
-2nd: Warrior 35
-3rd: Sorcerer 29




WarRock
(ウォーロック)

WarRock(ウォーロック)

いつまで経ってもNoob



a Aradalah a ah!

今回はハンゲームが運営するアラド戦記(原題 - Dungeon & Fighter)について。
たまにはハンゲも応援しないと半島からのミサイルが怖いので



このゲームのdeveloperはNeople(4月下旬に韓NHNの傘下に)という韓国の企業。
以前に「新野球」(シンプル過ぎるがマジでこのタイトル)というオンライン野球ゲームが「実況パワフルプロ野球」のキャラクターに酷似しているとして、コナミさんから訴えられた事もある会社です。
まあ前科持ちと思ってもらって結構です。


当然このゲームもどこかで見たような模倣ゲー。
まず名前からしてD&Dをパクったかのような「ダンジョン&ファイター」って…
さすがに日本ではそれだとベタ過ぎると思ったのか、NHNJAPANは「アラド戦記」と改名してます。


蛇足ですが「戦記」といえばゲド戦記というジブリの最新映画がもうすぐやってきますね。
他にも戦記の名のついたゲームやアニメはいくつかありますが、そもそも戦記ってなんでしょう?
はい、メンドイので辞書で調べてね。


内容も無論パクリゲーです。
一言でいうとFF(Final Fight)系のゲームです、ハガーです、市長です。
アーケードやコンシューマで遊んだoldgamerの皆さんには懐かしいと思われる横スクロールでバンバン敵を殴って倒して進んでいく風なアクションゲーム。

e0081790_1351256.jpg



この手のアクションゲームで、ボクが一番印象に残ってるのは「天地を喰らうII」です。
副題に赤壁の戦いとついてるように、三国志の蜀の武将を選んで曹操を虐めるゲームです。
五虎将のはずなのに、関羽、張飛、趙雲、黄忠、馬超じゃなくてなぜか魏延がいます。
個人的には魏延(とか裏切り者全般)好きなので構わないけど、さすがはカプコン!的なcastingです。
(そもそも時代背景を考えると馬超も出せませんが、黄忠と魏延もおかしい)


(↓ こちらはケータイ版)

e0081790_141149.jpg



同名の本宮ひろ志先生の漫画が原作になっており、キャラクターの濃さも本宮的な作品でした。
このゲームの影響でボクは未だに幸運な事に出くわすと「敵将討ち取ったり!」などと心の中でついつい叫んでしまうようです。
KOEIの三國無双シリーズへと多分に影響を与えたタイトルと云われています。


そういえば対戦格闘ブームの祖とも云える「ストリートファイター」も元々はこのようなアクションゲームでした。
それだけにカプコン一人勝ちとも云えるジャンルだったのかも知れません。
それほどにあの頃のカプコンのゲームは素晴らしかったです。


ちなみに運営側はこのゲームに「スタイリッシュアクションRPG」という肩書き(ジャンル)をつけてるけど、どこをどうみてもスタイリッシュというのは云い過ぎです。
ボクなら「OSFCTSVACTRPG」とでも名付けます。

Old SuperFamilyComputerTic SideView ACTion RolePlayGame


さて、ゲーム自体はなかなか面白いです。
悪くはないです。

まず操作がいわゆる「クリックゲーム」ではないので、クリゲーは性に合わないボクでも楽しめました。
それにゲームパッドが普通に使えるので、愛用のセガサターンパッドでプレイしていました。
(問題はゲーム内でパッドの設定ができないので、キー配置変更の場合はJoyToKeyなどのツールが必要な点)


ただ第2次Closedβに参加していた当時はバグの多さが目につきました。
何といってもハンゲームです。
面白いゲームでも過度の期待をかけるのは厳禁ですし、現金を注ぎ込むのも危ないです。

ゲーム内容としては、コイン(死んだ時その場で復活できる)がないとかなり厳しいです。
難易度はそれほど高くないゲームですが、ハメ要素が強いのですぐに死んでしまいます。
(勿論4人まで組めるPTを駆使すれば生存率は上がる事でしょう)

また回復アイテムがほとんど入手できないので、ボス戦で死んでしまうとついついコインで復活したくなります。
CBT中は回復アイテムをNPCが売っていなかったので、ダンジョン内で拾うかクエスト報酬で貰うかしか手がありませんでした。
(この仕様はおそらく今後も続きそうです)

そして「アイテム課金」の料金形態でやっていく中でこのコンティニューコインがRealMoney販売になるのは間違いないです。
(既に正式サービス中の韓国でもそういった形)
またアバター装備系もRMで売り出されるでしょうし、これは多くのゲームと同じだと予想できます。

あとは「疲労度」という値が設定されていて、これはダンジョンへ挑戦するたびに減っていきます。
(疲労度だから普通は蓄積されるはずですが…)
そしてこれが0になると、

「疲労度が0になったので(ry」

などと云う2ちゃんねる的な言葉が出てきて、ボクらをイライラさせてくれます。
疲労度が0になるとダンジョンへ入れなくなり、これは次の日のAM6時にならないと回復しません。
おそらく廃なプレイヤーたちを減らそうという韓国人的発想から生まれたプレイ「抑制」策だと思うのですが、同一アカウントでも他のキャラクターでは遊べるので大して意味もなさそうです。

今後の日程は「2006年夏頃」にOpenβが行われるとの事。
オールドゲームファンな貴方にはお奨めです。



[歴史]

・第1次 Closed βeta Test (人数制限)
2006/04/02 ~ 05/08

 ↓

・第2次 Closed βeta Test (1次+追加募集)
2006/06/13 ~ 06/26

 ↓ データワイプ(リセット)

・Open βeta Test (人数制限なし)
2006年夏予定



[web]

ハンゲーム
http://www.hangame.co.jp/

スタイリッシュアクションRPG「アラド戦記」
http://arad.hangame.co.jp/web/index.asp

アラド戦記 攻略情報Wiki
http://arad.gameexc.net/

アラド戦記せんき(ファンサイト)
http://www.mars.sannet.ne.jp/a2c-s/





以下2次β中に撮ったSS紹介。



(↓ 画像クリックで拡大)

e0081790_2152211.jpg

ご覧のように解像度が640*480しか(選べ)なくて、ウィンドウモードでやると小さすぎます。
せっかく低スペックでも出来る2Dゲームなので、解像度を何パターンか用意してくれるとありがたかった。
後ろにいるセリアという子はどこの町にも出てくる、お助けNPC。
マビノギでいうナオたんのようなヒロイニックな存在かな。




e0081790_2194768.jpg

BOSSを倒したシーン。
スローモーションになるところが多少古臭いです。
他にもズームアップなどしたりしまっせ(OPTIONでON/OFF選択可)




(↓ 画像クリックで拡大)

e0081790_2225081.jpg

ボスモンスターを倒すとダンジョンクリアーとなります。
スタイル、テクニック、被ダメ数を総合して点数とランクが決まります。
点数はボーナスで経験値に追加されるけど、この一番下に出ている経験値はダンジョンで手に入れた「経験値の合計」なのでこの後もらえるわけではありません。




(↓ 画像クリックで拡大)

e0081790_2275026.jpg

そして最後にカード(宝箱のようなもの)が貰えます。
PTメンバーが4人なら4枚出ますので、早い者勝ちで選べます(1人1個)。
カードを開くとお金と時々アイテムが出ます。
お金は100%出ますが、アイテムはランダムのようです。
ちなみにアラド戦記のダンジョンはすべてインスタント(PT専用)エリアになってるので、他のプレイヤーと狩場で会う事はありません。




e0081790_231451.jpg

ハンゲームさんですから、当然こういった出来事は多いです。
想定の範囲内、予想の範疇などと云いつつ、涼やかな大人のスマイルを浮かべましょう。
キレてはいけません。




(↓ 画像クリックで拡大)

e0081790_232091.jpg

(キャラ作成当時)50枚あったコインがLv14にして、残りわずか…
ボクのプレイヤースキルのなさが原因か、はたまた短気な性格が災いしたのか。
実はこのボス序盤ではかなり厄介な相手で、コインもガンガン減らしてくれます。
メテオをうまく避けられるようになるまで練習が必要です。
(ある程度レベルを上げてから挑戦した方がいいかも)




(↓ 画像クリックで拡大)

e0081790_2321151.jpg

はじめの町である「エルブンガード」に移動した際のローディング画面。
エルフの国とか住処、といったところでしょうか。(セリアさんはエルフ)
Gardは北欧神話に出てくる言葉のようだけど、勿論ボクの知識は皆無なので説明できません。




(↓ 画像クリックで拡大)

e0081790_2322864.jpg

ふたつめの町「ヘンドンマイア」のローディング画面。
ここは各職業の師匠NPC(転職も担当)や多くのNPCがいて、序盤では賑やかな町です。
HendonもMyreも何のことやらサッパリわかりません。



(↓ 画像クリックで拡大)

e0081790_2324299.jpg

みっつめの町「ウェストコースト」のローディング画面。
ちなみにここはゲーム内では右のほうにあるので、右=東というボクの固定観念を崩れ去りました。
このゲームでは南北が逆さまになっているのかも知れませんし、ただ単に西海岸なだけなのかも知れません。
2次βではこの3つ目の町までが実装されていました。




(↓ 画像クリックで拡大)

e0081790_232566.jpg

ヘンドンマイアの町の様子。
このゲーム、町部分はMMO、ダンジョン部分はMO(インスタンス)になっています。
ハゲ(風振さん)に女の子が群がっているのはなぜかって?
このNPCが格闘家(女キャラクター)の師匠でスキルやら武器やらクエストやら転職やらに関わっているからです。
名前を隠してるのでわかりづらいですが、一般PCの名前は灰色、PTメンバーの名前は青で表示されます。
また左上にキャラクターの顔グラフィックと名前、HP/MPなどが表示されています。
(王冠みたいなマークはPTリーダー)




(↓ 画像クリックで拡大)

e0081790_2331422.jpg

この盲目の爺さん(G.S.D)が鬼剣士の師匠です。
ボクが鬼剣士の2次職である「ソウルブリンガー」に転職できたシーン。
転職はLv18以上で出来ますが、クエストがなかなか難しいです。
(現在12個ある2次職によってそれぞれ違う)
ちなみにG.S.Dが何の略かはわかりません。




e0081790_2333560.jpg

転職したら、新たにスキルなどが。
ボクが成ったソウルブリンガーというのは、一言でいうとおにぎり召喚剣士です。
おにぎりというのは「鬼斬り」という鬼剣士の一般的なスキルなのですが、変換するのがメンドイのでおにぎりで済ませます。
召喚といっても、ソウルブリンガーの召喚スキルはあくまで範囲内へのbuffやdebuffで、モンスターを召喚して戦わせたりはできない模様です。




(↓ 画像クリックで拡大)

e0081790_2334619.jpg

チャンネル選択画面。
現在(2次β期間中)サーバは1個だったのですが、chは12個ありました。
キャラクターデータは全てのchで共通、つまりいつでもどこでもプレイできます。
ただメイプルストーリーなど(の横スクロール系ゲーム)と違う点はダンジョンはインスタンスゾーンなので、狩場が混んでる為にch移動をするという必要はなさそうにも思えます。




(↓ 画像クリックで拡大)

e0081790_2335947.jpg

キャラクター選択画面。
ボクは2人しか作っていませんが、キャラスロットが8個あるようにも見えるので、8人まで作れたのかも知れませんね。




e0081790_2341167.jpg

深夜(=ボクの基本的なプレイタイム)にも関らず、珍しく鬼剣士系2次職が3人並んだので激写。
左から、目を真っ赤に晴らした狂戦士である「バーサーカー」、強いらしいです。
真ん中が、目の光を失った(G.S.D氏と同じ?)代わりに何かを得た「阿修羅」、遠距離攻撃ウェーブの使い手です。
そして一番右がボクです。
鬼手(地獄先生ぬ~べ~)の力を解放した「ソウルブリンガー」。
バックに闇のオーラを背負い、鬼剣士系で一番かっこいいですがおそらく一番弱いです。
他には「ウェポンマスター」という一番オーソドックスかつオールマイティな2次職があります。
「つーか見た目ほとんど一緒じゃん!」と思った貴方は正解。




e0081790_2345889.jpg

モザイクで見づらいですが、中央にふたつ召喚獣を出している状態。
「カザン」と「ブレーメン」というスキルです。
それぞれの効果は説明メンドイので割愛。




(↓ 画像クリックで拡大)

e0081790_2351482.jpg

町の中で唯一のプライベートゾーンとも云える場所。
正式な名前はわかりませんが「セリアたんとの愛の巣」とでも名づけましょう。
金庫(アイテム保管庫)があるけど4個しか置けずにほとんど意味ないです。
これはRMで金庫拡張があると予想します。
どの町にもこの愛の巣はあり、セリアはどこにでもいます。
エルフか何か知らないけど、瞬間移動とかしてるのでしょうか、不気味です。

それよりもここで云いたいのは左上に出てる謎の言葉です。

トレタホ 1個獲得しました。

チヨタヌ以来の衝撃です。
チヨタヌというのは伝説のMMORPGで、あれのβテストに参加していた事は今でもボクの誇りになっています。
(SB系というかYahoo系というかガンホー系ともいえるテクノブラッドさんの運営です)
ちなみにトレタホとはコンティニューコインの事。
日に1個だけ貰えますが、戦時中の配給よろしくこれだけでは到底ヒモジイままです。




e0081790_2354233.jpg

アイテムインベントリ。
装備(武器、防具)、消耗品(回復アイテムなど)、材料(収集品。クエストや作成などに必要)、クエストアイテムの4種類に分かれます。
他は特に云う事なし。




e0081790_2355494.jpg

ステータスウィンドウ。
緑の数値はアイテムで能力がアップしてるもの、逆に赤は能力が下がってるものだと思います。
ボクはソウルブリンガーだったので、闇属性が高く、光属性が低いのが特徴です。
名前の前の [カンナの奴隷♥] というのは称号。
ちなみにこれは、カンナという女の子NPCの責め苦に毎晩耐えた者だけが得られます。
個人的には [カンナを奴隷♪] の称号の方が欲しかったわけですが、今思えばそれはボクの妄想であり、実際にはそんな称号なかった気もします。
[PR]
by rx-77-2cannon | 2006-06-30 00:00 | ARAD WAR RECORD
<< create soccer, ... dont say "... >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧